冬の季節に寒さに負けない!暖房費を節約する手法!

節約

寒い冬は暖かい自分の家でゆったり過ごしてみたい。

だけどこの季節気にかかることが暖房費の上昇です。

簡単に暖房費を軽減する手法を紹介します。

昔ながらの湯たんぽヒーターで暖かく生活する


湯たんぽは昔から日本で使用されている暖房用品の一部です。

お湯をそそぎ込むだけのことで使えて、暖房費の

節約として効果が見込めるというわけです。

ここで効果的な活用の仕方を紹介します。

それでは、湯たんぽにお湯を注ぎ込みます。

そのあと、湯たんぽをセットのカバー(袋)に入れ、

もっと保温性を引き出す作用で、タオルや小さい

毛布なんかで湯たんぽを包みます。

たかだかこのくらいで、即席暖房アイテムが完成します。

余談ですが自分の場合は、使わなくなったニットセーターや

フリース品質のひざ掛けなどを巻き付けています。

布を多目に巻き付けておくことで、朝完成させたタイプでも

夜まで温か味が保ちますので、暖房費の節約に一役買います。

本来の使いみちですが、机の下側に湯たんぽを準備して

その上に足を乗せれば、足湯に足を入れてるよに暖かくなります。

子供の勉強机の下側に置いてもオススメです。

もっと言うなら、テレビを観る際など、湯たんぽを

抱きしめているだけのことでカラダの中が温まります。

フリース品質の靴下+スリッパを身に付ける


自分の家では、フリース品質の靴下と内の方が

フリース品質で構成されているスリッパを履いて、

足もとを暖かくして過ごしましょう。

どんどん、フリース品質の上着やダウンジャケットを

着用したら、日中の間はエアコンをつけなくても過ごせます。、

暖房費の節約につながります。

窓ガラスの表面に「プチプチ」を貼付する

「プチプチって何?」と思っている方もいるでしょう。

伝授しますと、プチプチとは荷造りとかで

使っているエアマットのことです。

このプチプチは、エアの袋を持つため保温性に

すごく優れてます。 冬の間は窓の近くに行ってみると、

ヒンヤリとした空気感が流れ去ってきて、凍えるような!

と思ったケースがあるでしょう。その際は窓ガラスの

表面にプチプチを貼っておくと、外気から広がる

冷気を阻止する作用がアップするため、室内温度も

ダウンしにくくなるのです。 プチプチはームセンターや

100円ショップで購入したので良いです。

後になって剥がしやすい素材のテープなどを使って、

窓ガラスの表面に取り付けていこう。材料費も低額で、

ラクラク暖房費を節約する事が可能です。

又、プチプチは無色だから、ガラスの表面に貼っても、

見た目があんまり悪くならないです。だけど、プチプチを貼る際は、

窓の開閉が少し面倒になる窓もありますので要注意です。

温かいものを飲み食いすことを心掛ける


冬の季節でも冷ややかな食事を口にしたり冷水を

飲むとかしてしまうパターンはないでしょうか?

そうなると体が冷えちゃって、ムダに暖房器械を

使ってしまうこともあると考えられます。

そうならないように、冬は温かい食事と飲み水は

冷水でなくて白湯に変えて、カラダの内側から

温める事を意識し暖房費を軽減しましょう。

仕切られた部屋で生活する


最近の家は、リビングを広めに目いっぱい

設けているところが多いです。

だけど、暖房費節約の面から説明すると、

広いリビングや吹き抜けのある広間は、

全体を温めるためのエネルギーをいっぱい

費やすこととなるため論外となります。

そういう理由で、冬場は可能であれば仕切られた

部屋に家族皆が集まって生活するほうが良いと思います。

ムダに暖房費が必要となるからくりの家は、

長いスパンで見たら大損を生んでしまうのかも知れないのです。

その辺りは、家を入手する以前からの見定めも大事になってくるのです。

省エネ化、可能なエアコンと電気カーペットの使いみち


エアコンを暖房で使用する時にも節約のカギが存在します。

たとえばセット温度を20℃とした場合、21℃に設定した時に

比較して1年で約1430円節約ができちゃいます。

かつ、電気カーペットに関しては、設定温度を

「強」から「中」に下げると、1年約5020円節約できる

データ(1日5時間使用した場合)もあります。

こういったように暖房機器の温度設定を変更するだけのことで、

割合い良い節約に役立つことも理解しておこう。

まとめ


冬の季節での節約は地道な行動力と

我慢が大切になります、室内温度調整、衣類を

多めに羽織るなど湯たんぽの工夫しだいでプチ節約が

可能です、是非お試しあれ!!